30年前、あふれ返るおカネを手にした日本人はその使い道を探すことに熱を上げた。旺盛な消費の潤滑油となったのがキャッチコピーだった。コピーライターが時代の寵児となったのだ。この時代を切り取るときに必ず…