4月5日、日本銀行の黒田東彦総裁が、2013年に長期国債やETF(上場投資信託)を購入してマネタリーベースを積み上げる「量的・質的金融緩和」を導入してからちょうど2年が経過した。だが、「消費者物価の…