モスクワの日本大使館で民族問題担当官を務めるうちに、どの有識者が信頼できるかについて、筆者なりの基準を作ることができた。この基準は、現在も筆者が情報を判断するときに役立っている。まず、新聞の読み方だ…