(1)旭硝子・日本板硝子

同業なのにこんなに違う営業利益の中身

国内ガラス業界で1位、2位の旭硝子(以下ASG)と日本板硝子(同NSG)。共にIFRS適用会社だが、両社が営業利益として公表している数値は、実は単純に比較できない。異なる産業で、ビジネスモデルがまったく違うのであればまだしも、同じ業界内でさえ利益構造を表す言葉の定義からして違うのだ。

たとえば、NSGは「収益または費用に関する項目が金額的に重要な場合、その内容と金額とを“個別に開示”しなければならない」というIAS(国際会計基準)1号97、98項に準拠する形で、リストラ費用や減損損失を「個別開示項目」として営業利益に含めている。これに対しASGは「事業構造改善費用や減損損失は変動するものなので、営業利益に含めると継続的な比較ができない」とし、これらの収益を含むものは「事業利益」として開示している(図表1)。

[図表1]
拡大する

本業の好不調、回復度合いなどを測る指標として最も適しているものとして、ASGは営業利益を、NSGは個別開示項目前営業利益を挙げる。そういわれると、なるほどASGの営業利益とNSGの個別開示項目前営業利益とは、比較できそうに見える。