自公連立政権は政権奪取後すぐ、生活保護の日常生活費である生活扶助費の削減を始めた。2013年度から15年度にかけての削減率は、合計すると平均6.5%。このときに国が主な理由として掲げたのがデフレだっ…