米国の経済指標はまだら模様だ。FRBの次の一手に、注目が集まっている(ロイター/アフロ)

15年ぶりの2万円台をうかがう日経平均株価。株式市場の熱気は、国内の投資信託(投信)市場にも及び、純資産残高は過去最高水準に達している。

2015年2月末の投信の純資産残高(確定拠出年金、ファンドラップ向け、ETF〈上場投信〉など除く)は57.7兆円。アベノミクスが実質的にスタートした12年11月末から4割近く増加した。

その牽引役は、海外企業の高利回り社債(ハイイールド債)に投資する商品や、海外のオフィス・商業ビルなどに投資するREIT(不動産投信)商品だ。

[図表1]
拡大する

国内の長期金利が0.3%程度と低位で張り付く中、こうした商品は高い分配金利回りに加えて、現在のような円安局面では為替差益も享受できる。「証券会社にとってもセールストークがしやすい」 (JOYntの鈴木雅光代表)こともあり、人気を集める。

年40%のリターンも

実際、過去1年間のパフォーマンスは好調だ。純資産残高1兆4901億円と首位の「新光US-REITオープン」の場合、リターンは39.5%に上った(15年2月末時点、分配金を再投資したと仮定。税金などは考慮せず)。そのほかにも純資産残高の上位を占める投信は、軒並み2ケタ以上のリターンをたたき出している(図表2)。