新年度予算が衆議院を通過し、国会論戦のテーマは安全保障法制の整備に移ることとなる。安倍晋三内閣は、昨年7月1日の集団的自衛権行使容認の閣議決定を具体化するのみならず、自衛隊の海外派遣を広範に可能にす…