3浪して日本大学に入った“非エリート医”が今や日本の心臓外科分野を引っ張っている。若手医師への熱いメッセージを聞いた。──心臓外科医を目指した理由は。研鑽したことが生かせる、将来の成長分野だと思って…