(イラスト:ソリマチアキラ)

3月に入り、今年の女子プロゴルフツアーが開幕しました。ここ数年若手の台頭が目覚ましく、次から次に実力ある新人が登場しています。

また、アマチュア選手の活躍も光り、プロテストでプロ入りしてくる選手が増えてきて、ステップアップツアーで優勝する新人選手も目立ってきました。ただ、レギュラーツアーですぐ活躍するには、なかなか壁は高いようです。ベテランから新人まで、試合が始まったら横一線。自分の強みを最大限に生かして、最後まで粘り強くプレーすることが大事になってきます。

さて、自分の強みって何でしょう。私は深く考えさせられた時期がありました。ゴルフは私にとって仕事。自分の強みを把握しないと死活問題です。スイングでの強みは何か? 攻め方の強みは何か? 体力では? 精神力では?

なぜそんなに真剣に考えたかというと、米国ツアーに参戦したとき、まったく成績が振るわず、自分のゴルフに自信を失ったからです。日本で成功したゴルフが通用せず、自分のゴルフっていったい何なのだろうと頭を抱えました。