CSR(企業の社会的責任)と財務の両データから「信頼される会社」を見つける「CSR企業ランキング」。9回目の今回は富士フイルムホールディングスが3年ぶり2回目のトップとなった。

2012年1位、13年2位、14年2位とつねに上位を維持。日本を代表するCSR先進企業といえる。部門別では、特に2位の人材活用が他社を大きくリードする。定評あるワーク・ライフ・バランスの取り組みに加え勤怠情報を基にした休業者抑制のためのチェックリスト作りなどメンタルヘルス対策にも積極的だ。12年度には86人だった1カ月以上の休職者が13年度には70人まで減少するなど、成果も表れつつある。

[図表1]
拡大する

社会課題解決もCSRの重要テーマに