2000年以降、中国をはじめとする新興国の本格的な工業化により、資源需要が一気に拡大した。このまま需要の急拡大が続けば化石燃料が枯渇するだろう、という議論が出てきた。08年ごろまでは「ピークオイル論…