世界経済は今後も成長し続けるだろうが、過去のような成長率は望めない。日米など先進国は、長期にわたる成長鈍化の時期に入っている。現代は、急速な技術革新のおかげで、より少ない労働力で多くの価値を生み出す…