格差は今や世界的な現象だ。フランスの経済学者トマ・ピケティ氏が『21世紀の資本』の中で暴き出したのは、米国のごく一部の富裕層(上位1%層)が全体の国富の20%を占めるほどになったという現実だ。ピケテ…