1990年以降、先進諸国では長期にわたって金利の低下が続いている。これを見て、資本主義が限界を迎えたという指摘もある。しかし、名目金利の低下傾向を見ているだけでは、資本主義がどうなるかを議論すること…