補正予算が成立し、住宅購入時の各種優遇策が実施されることになった。住宅金融支援機構のフラット35において、フラット35Sの金利引き下げ幅が拡大され(0.3%→0.6%)、住宅版エコポイント(30万ポ…