長期金利の低下に伴い、住宅ローン金利は史上最低の水準を更新中だ。一方、経済は低成長が続く見込みのため、高度経済成長時代のようにインフレや大幅な給与アップによる住宅ローンの実質価値目減りは期待できない…