もはや忘却の彼方であるかもしれないが、1970年代の日本企業では、大企業といえども55歳で定年退職だった。当時は今ほど平均寿命が長くはなかった。「モーレツ」と呼ばれた時代のサラリーマンの老後は短かっ…