一口に外貨といっても、米ドルやユーロ、ブラジルレアルなど通貨の種類は多い。通貨の発行国によって経済状況が違うため、当然、金利や値動きのパターンはそれぞれ異なる。このため、短期的な為替差益を狙うのか、長期的なインフレリスクに備え資産防衛したいのかで、選択する通貨が変わってくる。

国際通貨基金(IMF)の調べによると、昨年9月末時点で世界各国政府の外貨準備では米ドルが62%と、圧倒的なシェアを占めた。ユーロが23%で2位につけ、日本円と英ポンドはともに約4%、カナダドルと豪ドルが各2%弱と続く。これらは世界的に信認された安定通貨であり、預金をはじめとする外貨投資の対象になる通貨といえる。

[図表1]
拡大する

米国利上げでドル高 最も魅力的な投資先

外貨預金はかつて大手邦銀や米シティバンクなど特定の外国銀行だけが扱っていたが、今では地方銀行も含め、大半の銀行が営業に力を入れている。中でも外貨投資の入り口となるのは米ドルだろう。超大国、米国の経済力を背景に、事実上の基軸通貨の地位を保っており、資産の分散先としては好適だ。