トマ・ピケティの『21世紀の資本』の人気が沸騰している。『週刊東洋経済』は2度も特集を組み、書店に行けば、解説本が並んでいる。人気の理由は何だろう。税込み価格5940円、脚注を除いて608ページの大…