欧米のテレビ市場では韓国サムスンなどの猛烈な値下げ攻勢に苦しめられている(アフロ)

「いったん黒字化のメドはついたが、想定以上に状況が悪化している」

パナソニックのある関係者がそうため息をつくのはテレビ事業だ。全社的には業績回復が目立つが、赤字事業の中で、テレビの不振だけが特に深刻さを増している。

想定外だったのは、まずは円安である。テレビの原価構成は7割以上が液晶パネルだ。海外調達なので、円安のデメリットは大きい。

欧州市場での価格下落も響いた。低シェアにあえいでいた中国や米国市場に比べ、欧州は4Kテレビなど高価格帯の需要が根強く、重点地域と位置づけていた。ところが、ここへきて韓国サムスン電子などの値下げ攻勢で、苦戦を強いられている。

ひとまず今年1月末には、中国・山東省の合弁会社での生産を終了した。今後は生産を他社に委託するという。北米向け生産を担うメキシコについても、現地企業への工場売却を考えているほか、テレビ事業全体について、海外の生産体制をどうするかを検討している。

東芝は海外撤退も

テレビ事業の海外生産体制を見直しているのは、パナソニックだけではない(図表1)。価格の急速な下落、韓国勢や中国TCL、米ビジオといった海外メーカーの猛攻によって、日本勢の世界における販売台数シェアは、ジリジリと減り続けている。