(イラスト:ソリマチアキラ)

米国のPGAツアー(米ツアー)において、松山英樹は、マスコミやアナリストの間でかなり評価が高い。最近では、単にコメンテーターの主観だけでなく、距離ごとにショット分析をするなど、データがあふれていて、それらの根拠を基に評価している。

たとえば、松山は2014年シーズンで、200ヤードからのショットでは、その正確さは2位にランク。175~150ヤード、そして100~125ヤードでは両方とも1位にランクされている。それだけグリーンをとらえる技量が高い。

世界ランキングでも、ソニー・オープン終了時で13位(その前週までは10位)に位置していて、メディアやコメンテーターたちが、15年では、22歳でメジャータイトルを取れる確率が高い、とコメントしている。すでに昨年のメモリアルで初優勝し、米ツアーメンバーの中で注目に値する選手になった。今年に入って初戦となったヒュンダイ・チャンピオンズ選手権でも、優勝に1打足りずに3位タイとなったけれど、その成長ぶりをたっぷりと見せてくれた。

その翌週、苦手なソニー・オープン・イン・ハワイで彼は、予選通過したものの3日目にMDF(made cut did not finish=3日目カット)で、またもや敗退した。

そのときのコメントで「相性が悪いというよりは、そこに打っていく力がないというほうが正しいと思う」と語った。