企業への税務調査はどう行われているのか。上場企業3社の経理部長と大手銀行の支店長に、それぞれの実体験を語ってもらった。

出席者
A氏
:製造業
B氏:サービス業
C氏:小売業
D氏:大手銀行支店長

──税務調査が入るのはどんなタイミングですか。

A 2~3年に一度、税務調査が来る。調査期間は大体1カ月。平均的な質問数は100項目ぐらいかな。そのうち見解が違ったり、調査に時間がかかる項目を20~30挙げて、ホワイトボードに書き出し、解決すると消していく。

C うちには一時、10年ぐらい来ない時期があった。久々に調査があったのが5年ほど前。新しい統括官が「これまで行っていない企業を集中的に回れ」と大号令をかけたみたい。それから2年後にも来たけど、ちょうど決算業務をしているタイミングで、前年度の決算について調査に来た。1年も前の話を、よりによってこんな忙しい時期にと思ったけど……。当局はノルマに追われていたようだった。

──どんな質問が多いですか。

B 古典的だけど、固定資産に関するものが多い。資産に計上すべきか、費用に入れるべきかの判断。あと、本来は来期の費用を当期に計上しているという、いわゆる期ズレの問題は必ず指摘される。

調査官は5~6人来るが、その中に必ずシステムを専門に見る職員がいる。会計システムのチェックのほか、人件費などは人事システムを回さないとわからないからね。

C 向こうが見るのは、取締役会の議事録や稟議書、支払伝票だね。伝票は全部見るよ。たとえば取引先との昼食代が会議費なのか、損金不算入の交際費なのかといったこと。

調査官には個性があって、畳みかけるように質問する人もいるし、厳しくポイントを突く人もいる。でもいちばん怖いのは、優しい感じで「教えてください」と言うタイプ。何を考えているのかがわからない。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP