1月下旬。都内で開かれた相続セミナーは約100人の定員に対し、満員御礼の盛況だった。「相続税は今や“大衆税”です」。子世代である40~60代の受講者は、講師の話に熱心に聞き入った。

今年1月1日に相続税法が改正され、基礎控除が50年ぶりに引き下げられた。改正後の基礎控除は3000万円+600万円×法定相続人の数。たとえば夫が亡くなり、妻と子ども2人が相続人の場合、基礎控除は4800万円となる。

これまで、相続税といえば都心に住む富裕層に限られたものと考えられてきた。だが改正により、都内に一軒家を持っている標準的な家庭であっても、相続税の課税対象となる可能性が高くなった。

今年からかかる地域は千葉や埼玉まで拡大

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP