三井物産   安永竜夫 三井物産次期社長

頭が真っ白になった 「天命と思え」と言われた

1月20日、東京・大手町の三井物産本社。売れっ子アートディレクター、佐藤可士和が昨年完成させた会社の新ロゴを背に衝撃的な社長交代会見が始まった。

役員序列では実に32人抜きである。名門総合商社の三井物産において、戦後最年少の若さで社長の座に上り詰めることになる。社内の誰もが驚いた、まさかの人物は機械・輸送システム本部長で執行役員の安永竜夫(54)である。取締役でさえなく、社内の下馬評にも名前が挙がらなかった人物の起用なのだ。

安永竜夫 三井物産次期社長
佐藤可士和デザインの新ロゴを背に記者会見。右は現社長の飯島彰己(撮影:尾形文繁)

安永自身にとっても天と地がひっくり返るほどの衝撃だったに違いない。「青天の霹靂。頭が真っ白になった」「天命と思って受けろと言われた。サラリーマンとしてはノーチョイスだと思った」。

それにしても、30人以上の役員を高速でぶっちぎってまで安永が起用される理由とは何だったのか。

「54歳の若さが決め手だった」。現社長の飯島彰己は安永起用の理由をこう説明した。「私も58歳で就任したが、6年経つと体力、気力がキツくなる。6年後も体力、気力を今と同じように維持できる人を選びたいという視点だった」。

会社の歴史上でも異例の大抜擢である。社内力学に大きな波紋を起こすことは間違いない。特にごぼう抜きされた役員たち、それを支えるスタッフたちの胸中は穏やかであるはずがない。経営掌握までのハードルは低くない。

32歳で三井物産初の世界銀行出向を経験