フランスでの新聞社テロ、日本人人質事件……。イスラム過激派がもたらす脅威に、世界は大きく揺れている。日本人にとって縁遠かったイスラムの世界と、これからどう向き合っていくべきなのか。専門家に話を聞いた。

Interview1
高岡 豊 中東調査会 上席研究員

たかおか・ゆたか●新潟県出身。1998年早稲田大学教育学部卒業、2000年上智大学大学院外国語研究科博士課程前期修了。在シリア日本国大使館専門調査員などを経て14年5月より現職。(撮影:今井康一)

過激派同士の争いが仏テロを引き起こした

──今回の日本人人質事件をどう分析しますか。

過激派の行動様式はテロリズムを扇動すること。自分の政治的な要求を通したり世の中に広めたりするために、暴力を振るい脅迫する。彼らにとって成功の基準となるのは、実は土地を占領しているとか、一度の攻撃で何人殺害したとかではなく、いかにメディアに露出して注目を集め続けるかだ。

その宣伝効果で過激派の支持者の関心が高まり、ヒト、モノ、カネが集中するようになる。その意味で、イスラム国は大成功を収めている。

一方、イスラム国の拡大によって割を食っているのがアルカイダだ。過去10年以上、過激派の代表といえばアルカイダだったが、今はイスラム国に大きく水をあけられている。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP