最近の労働市場関係の指標を見ると、企業による求人数が増加するとともに完全失業率が低下しており、労働者にとって好ましい状況が生じている。しかし、長期的な観点から不安をもたらす指標もある。その一つが、自…