東京証券取引所が公表した2014年投資主体者別売買動向を見ると、買い主体に大きな変化のあったことがわかる。「アベノミクス相場」の盛期であった13年に、日本株の最大の買い手は外国人投資家であった。実に…