友人が披露宴を準備する段階から手伝う「シェアド婚(共有婚)」が最近の流行(アフロ)

人生の一大イベントである「結婚式」。意外なことに、景気動向は結婚式にかける費用をあまり左右しない。「リーマンショックのときにも費用は下がらなかった。日本人は、結婚式は晴れの場だという意識が強いためだ」と、リクルートブライダル総研の田中巌所長は言う。

挙式、披露宴などを含む2014年の結婚式費用の全国平均(推計値)は、333.7万円。前年から6.7万円減少した。(ゼクシィ結婚トレンド調査2014)。

[図表1]
拡大する

田中所長は、「12年までは、1人当たり料理飲食代の増加が結婚式費用総額を押し上げていた。が、13年以降、挙式、披露宴の招待客数が減少傾向にあることが総額の漸減につながっている」と指摘する。招待客の内訳では、恩師・友人、勤務先の上司・同僚の人数はあまり変わらないものの、親族の人数が減っている。

文化的、地域的要素によってかける費用が大きく変わってくるのも結婚式の特徴だ。地域別に見ると、茨城・栃木・群馬県が367.9万円、九州が363万円、福島県が360.4万円と高い。

これらの地域は、披露宴の招待客人数が全国平均の72.2人を上回る。多くの招待客を呼ぶという慣習が、総額を押し上げた。

一方、北海道は192.3万円と極端に低い。これは、北海道ではご祝儀制ではなく、会費制が敷かれているためだ。招待客は披露宴の招待状に明記されている会費(1万5000円程度)を支払う。すべてではないにせよ、会費によって結婚式費用が賄われている。

10年周期でトレンド変化