韓国に設置された教育施設・英語塾の授業風景(AFP=時事)

「夜郎自大という、世間知らずの自信過剰を指す言葉がある。謙虚さという長所を損なうと日本が沈んでしまう」。外務省で初めて中韓両国で公使を務めた道上尚史氏は、「度の過ぎた日本礼賛は日本の足を引っ張る」と警告する。

人であれ国家であれ、欠点を指摘された時「長所もある。これでいい」と強がっていると、自分が伸びる道を閉ざすものだ。適度の自信を保ちつつ弱点を直視する、日本のためになる日本論が欲しい。

ソウルでは、日本でも有名な二つの企業グループの大幹部が口をそろえた。「日本企業など相手ではないという傲慢な社員がいる。技術開発の厚みでは比較にならないのに。私はいつも日本の底力を強調している」。日本を知り、世界もよく見えている彼らは、韓国の夜郎自大の危うさを認識している。

2007~09年、北京勤務の頃の話だ。格差や腐敗、環境といった中国の諸問題をよく認識し、また世界にアンテナを張り、世界で自国の評判が悪いことを冷静に把握している各界のエリートがいた。「極端な日本批判やナショナリズムは中国の利益に反する」「日本は非常に水準の高い先進国。中国は中の下。GDP(国内総生産)で抜いても勘違いしてはいけない」との新聞論説もあった。ある共産党幹部は筆者に、「外国人を積極的に招き、中国を理解してもらうのは重要な任務。中国を嫌いな国を重視する」とささやいた。

中韓には根の深い問題がある一方で、今述べたような真摯で健全な自己批判や改善努力も多い。日本メディアが報道する近隣国の乱暴な姿や夜郎自大さだけが頭に残っているようだと、日本は少し危ない。謙虚さや公正な自他認識を持つという日本の長所が崩れ、果ては自分こそが夜郎自大になる道だ。

日本の地位低下を望む者が世界にいる、と考えたほうがいい。「日本は世界一」「日本批判に耳を貸すな」「中韓、いや米国にもつばを吐け」という論が愛国的としてもてはやされ、自分の欠点から目をそらし、夜郎自大になる。日本が世界の動向やゲームのルールから外れ発展への努力を怠る。それは、彼らにとって非常に好都合だろう。

中東・アフリカでも中国批判は結構ある。しかし、人やビジネスの進出はケタ外れの規模だ。「日本は高く評価されている」とのんきに構えていては、差は広がるばかりだ。「海外に人を派遣する力」「海外に行きたいと手を挙げる数」が重要な国力となる。中東のある国から、税関に政府職員数名、病院に医師数十名の派遣依頼が出された。この依頼に韓国が応じ、現在では「顔の見える貢献」として評価されていると聞く。もし日本が依頼されたとして、希望者の手が挙がっただろうか。

世界へと進む中韓の努力を知っているか