キリンの販売部門を率いる布施孝之にとって、キリンビール社長の磯崎功典との打ち合わせは日常業務の一コマにすぎなかった。2014年の12月上旬、磯崎からの突然の呼び出しも違和感はなかった。だがその日、磯崎の第一声を聞いたときは一瞬息をのんだ。「君にキリンビールの社長になってほしい」。

名門企業には経営中枢に上り詰めるための暗黙のコースがあるが、布施はそこには縁遠い存在だった。中核ではない子会社の社長から販売トップに引き上げられたのがまず異例。まして1年も経たぬうちに、国内を一手に担うキリンビールのトップになることは本人はもちろん、その周辺でさえ想定してなかった。

布施孝之 キリンビール社長兼キリンビールマーケティング社長

ふせ・たかゆき●1960年生まれ。82年キリンビール入社。大阪支社長、小岩井乳業社長などを経て現職。(撮影:尾形文繁)

頭角を現したのは08年からの大阪支社長の時代である。

アサヒビールの「スーパードライ」などの攻勢で防戦を強いられるキリン。関西の営業現場ではモチベーション低下が著しかった。担当者は個人成績を維持するために最低限の仕事はこなすが、それ以上の成果はさっぱり出てこない。大阪支社に対する社内的な評判はさんざんだった。

「私の責任でやらせてください」。布施は営業員に課していた成果主義的な指標を撤廃する一方、専門家を招いての本格的なコーチング指導を取り入れるなど、大阪支社の改革に乗り出す。うわべの数字だけにとらわれない、プロの営業員を育てることに尽力したのである。「何で布施のところだけが勝手できるんだ」と批判も浴びたが、支社の数字が目に見えて回復すると、そんな声も消える。布施が起こした「大阪の奇跡」は社内中のうわさとなり、経済誌の記事にもなった。

通常、支社長として実績を上げた人材が次に就くポストは地域の統括本部長である。文句のない成果を上げた布施は「当確」のはずだったが、現実は違った。グループの乳製品会社、小岩井乳業の経営トップ就任を命じられたのである。

ビール業界に君臨してきたキリンにおいて、小岩井が中核から外れた存在であることは否めない。しかも当時の経営状態は不振を極めていた。「布施さん、何で小岩井なん?」。大阪の部下たちが嘆くのも当然だった。「おまえが何であそこに行くのか、俺にもわからん」。上司も首をひねった。