1月4日にIWGPの初防衛を果たした看板選手の棚橋弘至。女性ファンの多さは圧倒的(日刊スポーツ/アフロ)

かつて“3カウント”寸前まで追い込まれた新日本プロレスが、復活を遂げようとしている。

年明け早々、1月4日に開催された毎年恒例の東京ドーム大会には、3万6000人のファンが集結。昨年から1000人、一昨年からは7000人の観客増を達成した。

今の新日本の勢いを牽引するのは女性客だ。数年前まで会場に足を運ぶのは男性が圧倒的だったが、今は棚橋弘至や中邑真輔など主力レスラー目当ての女性の姿が、試合会場のリングサイド席に目立つ。会場に足を運ぶ客の3割を女性ファンが占める。