世界中でタクシー運転手による反発が広がる(写真右)、創業者のカラニックCEOは複数社の起業家でもある

破壊者か、革命児か──。タクシーの配車アプリサービス、米ウーバー・テクノロジーズが世界各国で波乱を巻き起こしている。

ウーバーはトラビス・カラニックCEOらが2009年に設立した。スマートフォンの専用アプリを活用し、タクシーを呼ぶという単純なサービスだが、瞬く間に利用者数が拡大。わずか5年で日本など世界53カ国、250都市で展開するまでになった。

人気を集める理由は、ITを駆使し、タクシーの使い勝手を圧倒的に向上した点だ。アプリに行き先を入力すれば、運転手の到着時間や料金の目安が示されるほか、支払いも登録済みのクレジットカードで自動決済される。自動車の種類は、格安の「ウーバーX」から高級感漂う「ウーバーブラック」まで選べる。

アプリは世界共通のため、言葉の通じない国でも、タクシー利用にとまどうことがない。「自国の言語で行き先が指定でき、支払いも自動のため、東京に出張に来た外国人が利用するケースも多い」と、ウーバー日本法人の高橋正巳社長は説明する。