金曜日19時半。東京・六本木のバーに次々と人が集まってくる。日本人もいれば外国人もいる。仕事帰りのビジネスパーソンが中心だ。

「いろんな国の人と話したいと思って、飲み会のノリで来た」と語る都内の30代の男性会社員もビールを片手に「ハイ!」「こんにちは!」と笑顔で話しかけていた。

SNSが取り持つリアルな国際交流

日本で外国人と気軽に話す機会は少なかったが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の発達がハードルを下げつつある。

たとえばSNSの「Meetup(ミートアップ)」が、外国人と交流できる場として注目を浴びている。活動内容や地域を検索するだけで、オフラインで集まるグループの一覧を探せるので、ここ2~3年で急速にグループが増えた。

米国発祥でまだ日本語のサイトがないため、日本では英語圏をはじめ欧州の利用者が多い。主宰者の多くは訪日観光客や在日外国人。そして参加者は、地元の人と親交を深めたい外国人や、英語を使って海外の人と友達になりたい日本人が多い。

参加手続きは簡単。ミートアップのサイトに名前やメールアドレス、任意で自己紹介を登録する。参加したいグループやイベントは場所や関心あるテーマ、スケジュールで絞り込む。

ビジネス、映画、ゲーム、漫画、スポーツ、美術鑑賞、観光といったさまざまなグループが毎日立ち上がっており、自分自身が主宰することも可能だ。

ミートアップのサイトに名前を登録すると、参加者の写真や英語での自己紹介が閲覧でき、外国人が多いのか、日本人が大半を占めるイベントなのか予想がつく。参加者の人数や顔ぶれも事前にわかるので安心だ。

冒頭で紹介したのはTokyo Pub Crawl(トウキョウ・パブ・クロール、写真上)の集まり。毎週金曜日と土曜日、都内のバーを何軒かはしごする企画が人気を集めている。主宰者は米国出身のブレットさんとアンドリューさん。旅行情報サイト「トリップ・アドバイザー」で紹介され、訪日客が大挙して参加するようになった。