先進企業や達人ワザに学べ

実践編 鍛えた英語力で何をどう伝えるか

敵対する環境でも交渉できる英語力
グローバル英語の現場

 

ふなかわ・あつし●グローバル・インパクト代表パートナー。東芝、AIG、米コンサルティング会社を経て現職。米国でMBA取得。(撮影:風間仁一郎)

グローバル化の広がりで、ビジネスの最前線も「全球化」している。いろいろな地域にいる相手と緊密にコミュニケーションを取りながら、ボーダーレスに仕事をする機会はこれまでになく広がっている。

にもかかわらず、「グローバルビジネスで本当に使える英語力」について、正確に認識している人は意外と少ないのではないか。私はこの現実に大きな危惧を覚えている。

本当の英語力はテストで測るべきではない

グローバル企業の研修に行くと、TOEIC900点台であるにもかかわらず、「点数が下がった」と悩む、“英語のできる人たち”が山のようにいる。そんな人たちに問いたい。「あなたは英語で戦えますか」と。

私が主張する、ビジネスで使える英語力とは、図表1の下表に示すとおり「敵意を持つ相手とも交渉できる」かどうかに懸かっている。