今年1年間で英語力を大きく飛躍させる。そのためには毎日コツコツ学習する計画作りとスケジュール管理が大切だ。

スケジュールというと、「音声教材を30分聴く」「単語を100語暗記する」など毎日の計画を積み上げて設定しがち。だが、せっかくの年初、自分が英語を学ぶ目的をあらためて見つめ直してみよう。

仕事や余暇の時間を割いて、毎日一定時間は学習を続けなければならない。そこまでして取り組む理由は何なのか。自分の人生において、英語力を高めて何をしたいのかを明確にすべきだ。

その夢をかなえるためにも、実現する期限を区切ってしまう。そうすると、1年後の自分がどのレベルに到達していなければいけないか、具体的に見えてくる。そこにたどり着くための半年後、その前の3カ月後→1カ月→1週間、そして日々の学習へと落とし込んで計画を立てれば、より効果的になる。

学習内容や教材は3カ月ぐらいを一区切りにして少しずつステップアップする。1月から始めると、学習した期間とカレンダーが一致するのでわかりやすい。TOEICなどテストも定期的に受験して段階的にスコアアップしていこう。

英語の能力を「読む」「聴く」「話す」「書く」の四つ(4技能)に分け、すべてをバランスよく学ぶのが理想的だ。当初は「読む」「聴く」のインプットを充実させ、徐々に「話す」「書く」のアウトプットを増やせば、記憶した内容を発信していくことで、実践的にトレーニングできるだろう。