(イラスト:ソリマチアキラ)

友利勝良は、寡黙なシニアツアーの選手である。温厚で朴訥な人柄ゆえ、日本だけでなく、海外赴任した日本人にも根強いファンがいる。その彼がしみじみとつぶやいた言葉が、ずっと響いていた。

「結局、最後はパッティングですね。それをここ数年、つくづく感じます」 この言葉だけなら、至極当然のことなのだけど、友利に言われると、ふと深読みしてしまったのである。そして、そうだ、そうなんだと閃いた。

「ショットならば、ボールを自在に曲げられる。ショートゲームでも、フェースの開き加減や球筋で、転がしもロブでもいろんな引き出しが持てる。けれどパッティングでは、スライス、フックでも、ストロークは同じですからね、引き出しを駆使して使い分けることができない。ただひたすら、忠実にまっすぐストロークする。距離感、スピード、読み。それらのすべてが備わって、成否が決まるわけなんだ」と、僕が一気にしゃべった。

「でしょう!」と友利が言った。どんなベテランでも、強い選手でも、ことパッティングだけは、なかなか思うようにいかない。だから、球聖ボビー・ジョーンズは「ゴルフという不思議なゲームの中で、もう一つ別の不思議なゲーム、それがパッティングだ」と名言を残しているわけだ。