2014年のスマートフォン市場は首位の韓国サムスン電子が大きく台数を落とし、代わりに小米科技(シャオミ)を中心とした中国勢が台頭するなど、勢力図に大きな変化が生じた。15年のスマホ需要を引っ張るのは…