循環論から見ると、前回の東京五輪と2020年の東京五輪前後の経済状況は非常に似たものになりそうだ。東京五輪時にかけて超長期循環であるコンドラチェフ・サイクル(周期56.5年)と長期循環であるクズネッツ・サイクル(同25.5年)が同時に上向く、まさに歴史的勃興期を迎えつつある。

まず14年2~8月はミニ景気後退。4~6月期、7~9月期は前期比マイナス成長になったが、後述の設備投資比率は下がっておらず、本格的な景気後退とは認められない。

ここで、設備投資のGDP(国内総生産、名目値)に対する比率を基に明治時代から現在まで、短期のキッチン・サイクル、中期のジュグラー・サイクル、長期のクズネッツ・サイクル、超長期のコンドラチェフ・サイクルの四つを導出した。

すると周期4.4年のキッチン・サイクルは13年で底打ちして上向きに。同9.4年のジュグラー・サイクルでは、08~12年までの設備投資循環は下降。13年以降は上昇している。このままいくと17年の第3四半期までは上昇する。1950~60年代の高度成長期と、景気の波の並び方や時期がまったく同じになる。

建設投資循環ともいわれるクズネッツ・サイクルでは、リーマンショックがあったので珍しく10年に二番底となったが、おそらく次のピークは23年だ。インフラ投資循環でもあるコンドラチェフ・サイクルは、前回五輪から今度の五輪まで56年あるのと同じように、56.5年が周期となる。

この周期のとおり、現在は首都高速道路が改修時期に入り、新幹線も耐用年数が来て一部がリニアに置き換えられるといったように、社会インフラを更新する時期を迎えている。01年を底に上昇期に入ったコンドラチェフ・サイクルは、29年にピークを迎える。ほかのサイクルも、現在は13年を境にすべて上昇局面になっていることに注目すべきだ。

第3の歴史的勃興期に日本経済は差しかかる