2015年は米国経済が独り勝ち

2014~15年の世界主要国の経済成長率予想

2015年の世界経済を展望するとき、大きく三つのポイントがある。一つは米国独り勝ちだ。

14年1~3月期こそ異常気象の影響でマイナス成長となった米国だが、その後の各四半期は4%前後の高成長が続き、個人消費、設備投資は順調な推移を示す。ユーロ圏や新興国の減速が鮮明な世界経済は、15年は米国頼みの展開にならざるをえない。米国の輸入増が本格化すれば、アジアや欧州の工業輸出国の生産を底上げすることが期待される。