2014年12月4日、円は対ドルで約7年4カ月ぶりに120円台まで下落した。だが、「大台」到達にも、「達成感はなかった」(シティバンク銀行の尾河眞樹シニアFXマーケットアナリスト)。市場関係者に円の先安観測が依然として強い証しかもしれない。

15年もドル円相場の行方を読み解くうえでのキーワードは、市場参加者の「リスク許容度」。図表1は同許容度の代理変数とされる米シカゴオプション取引所(CBOE)算出のボラティリティインデックス(VIX)と、ドル円の推移を示したものだ。

[図表1]

VIXは「恐怖指数」と称される。市場参加者が株式などリスク資産への投資に慎重、いわゆる「リスクオフ」の状態へ傾くと上昇。逆にリスク資産への投資を積極化させる「リスクオン」の色合いが濃くなると低下するからだ。

同グラフを見ると、VIXが上昇した局面では円高ドル安に振れる傾向が強い。これは「安全通貨」や「逃避通貨」という位置づけの円へ資金が流入するためだ。

大和証券の亀岡裕次チーフ為替アナリストは15年半ばごろに「リスクオフ」の様相が強まり、米国株式の値上がりや円安が峠を越えると見ている。「円下落は123円ないし124円程度にとどまるだろう」(亀岡氏)。

年央の金融市場変調のきっかけと見ているのは、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げだ。FRBが金融引き締めに踏み切れば、市場に波乱をもたらすという読みである。

「米国以外の景気の足腰が弱い現状を踏まえると、利上げの悪影響が出やすい」と亀岡氏は説く。

日銀の追加緩和観測も円相場の下押し圧力に

ただ、市場関係者の間では、同氏のような意見は今のところ少数にとどまる。15年には125~130円まで円が売られる展開を想定する向きが少なくない。

というのも、これまで市場のコンセンサスだった「年央の利上げ」に対する懐疑論が出始めているからだ。その背景にあるのは足元の原油価格下落。指標となる米ニューヨーク・マーカンタイル取引所のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物の期近1月物は約5年5カ月ぶりに1バレル=60ドル台を割り込んだ。