会見でキリンホールディングスの磯崎社長(中央)は、次期キリンビール社長となる堀口氏(右)への期待を語った

清涼飲料で発揮した腕前は、ビールの大舞台でも通用するか。

キリンホールディングス(HD)は11月9日、傘下のキリンビールの社長交代人事を発表。2022年1月1日付で、現キリンビバレッジ(以下、ビバレッジ社)社長の堀口英樹氏(59)が新社長に就任する。

キリンビールで15年から社長を務め、昨年には11年ぶりのビール系飲料シェア首位奪還へ導いた布施孝之氏が9月1日、心室細動により急逝。突如空席となったポストは現在、キリンHDの磯崎功典社長が兼任している状態だ。

会見で磯崎社長は、「『利益を生み出し続けなければ、次の成長はない』と言う堀口なら、大いに手腕を発揮すると期待している」と話した。「生茶」など清涼飲料を手がけるビバレッジ社から、キリンビールの社長に就く人事は初めてという。

「失礼な言い方だが強運の持ち主だ」。あるビバレッジ社の社員は、堀口氏の就任についてそう口にする。

1985年にキリンビールに入社した堀口氏は、米国のグループ会社や小岩井乳業の社長を歴任し、16年からビバレッジ社社長を務める。同社の20年度の事業利益は218億円。一方のキリンビールの同年度実績は732億円で、HD全体の半分近くを稼ぎ出す。まさにキリンの顔である事業のトップへの大出世だ。