学習指導要領が改訂され、2022年度から高校での歴史科目が変わる。18世紀後半以降の世界と日本の歴史を横断的に学ぶ、「歴史総合」が新設されるのだ。必修科目であり、これが歴史のイントロダクション的な役割を果たす。より詳しい歴史は、選択科目である「日本史探究」「世界史探究」で2年生以降に発展的に学ぶ。「探究」の科目は、現行の「日本史B」「世界史B」をベースに新たに設置される。

現行の学習指導要領では世界史だけが必修で、日本史を学ばないまま卒業する生徒も多い。「日本史と世界史を並行して学ぶ歴史科目が必要だ」という声は、以前から歴史研究者や教育関係者の間で上がっていた。

これまでの歴史教育が暗記に偏りすぎているとの指摘を踏まえ、歴史総合では、資料を活用し、生徒が問いを立てて主体的に学ぶことを重視する。歴史の出来事や変化に対し、「なぜそうなったか」といった問いを重視し、文献やインターネットで調べたり、教室で話し合ったりして、歴史への理解を深めるとしている。つまり歴史総合は①世界史と日本史との融合であり、②生徒が歴史の問いに対して主体的に考えられるようになること、を目指すものだ。

教科書は指導要領の内容に沿いながら、大学教授や高校教員が執筆。12点の歴史総合の教科書が検定に合格している。どの教科書を使うかは、今年夏までに高校ごとに採択が終わっている。

現代の課題と結び付ける

では実際に歴史総合はどんな構成や内容になっているのかを見ていこう(下図)。全体構成として特徴的なのが、近現代史を捉えるために3つの大きな枠組み(概念)を大項目にしていることだ。