機械振興協会の井上氏はキオクシア(旧東芝メモリ)の支援が重要だと指摘した。写真はキオクシアの国内工場(写真:キオクシアホールディングス)
デジタル社会を担うキーデバイスである半導体の重要性が再認識されている。経済安全保障の観点から、国家が支援する動きが広がっている。
日本の半導体産業はかつて世界に覇を唱えたが、今ではすっかり凋落してしまった。なぜ日本の半導体が成功し、なぜダメになったのか。そして、復活には何が必要か。
経産省系の外郭団体である機械振興協会で長年、半導体産業の支援に携わってきた井上弘基氏に聞いた。

 

――今、「半導体は大事だ」という動きが再び政官で盛り上がっています。

昔からやっていた人間として「何を今さら」「昔から大事だった」と思う気持ちもある。

それでも半導体はやはり重要なので、今の動きを冷笑していてはダメだ。機運を利用して実現可能な範囲で、日本の半導体産業が世界の中でそれなりにユニークな位置を占めることを目指すべきだと考えている。

――日本に人材や技術は残っていますか?

まだ残っている。発明自体はかなり昔になるが(データが読み書きできる)フラッシュメモリーは日本のオリジナル技術だ。イメージセンサーもまだトップにいる。パワー半導体は苦戦する部分もあるが、今はまだ弱いとは言えない。

そう考えると、日本が弱いのはロジック(論理演算機能を持つ半導体。CPUのインテルが有名で、製造では台湾TSMCが強い)とハイエンドのアナログ(アナログ信号をデジタル信号に変換するなどの機能を持つ半導体)だけという言い方もできる。DRAMで敗退し、日本はメモリー全滅だと誤解している一般の見方も散見するが、それは事実でない。

ロジックの競争力の半分は顧客側、システム側とやりとりしてどういう機能を持った回路にするかにある。それはシステムに対する提案力や構想力だ。大きな市場を持つシステムに日本の強みがない以上、そうした力を華々しく期待するのは厳しい。スーパーコンピュータ「富岳」のCPUなど1つ2つはあるかもしれないが。

――経済安全保障の文脈で日本にもロジックの先端工場が必要だとなっています。

まず、「先端」とは何か。普通に半導体で先端といえば微細化だが、日本が必要とする先端は、「微細化オンリー」から離れるべきだ。