──150周年に向けて次の戦略をどう描きますか。140周年を迎えた2014年に「AOYAMA VISION」としてサーバントリーダーの育成を目標にした。いろいろな人の知恵を集め、新たな価値を生み出す…