日本製鉄にとってトヨタは最重要顧客だが提訴に踏み切った(上写真:編集部、下写真:尾形文繁)

鉄鋼業界の巨人が、自動車業界の巨人を訴えた。

日本製鉄は10月14日、トヨタ自動車と中国の大手鉄鋼メーカー、宝山鋼鉄を特許侵害で訴えたことを発表した。両社にそれぞれ200億円の損害賠償を請求。トヨタには対象となる電磁鋼板を使用した自動車の製造・販売の差し止めの仮処分を申し立てた。

日本企業が顧客を訴えることは珍しい。まして相手は日鉄にとって最重要顧客のトヨタである。今回の事実が明らかになると、自動車メーカーや鉄鋼メーカーの関係者からは「素材メーカーが取引先まで訴えるのは通常ありえない」「日鉄さんもずいぶんと思いきった」と驚きの声が複数聞かれた。

前代未聞の行動に日鉄を駆り立てたのはいくつかの理由がある。

まず、特許侵害の対象が高効率モーターに使われる電磁鋼板だったこと。電磁鋼板はモーターやトランス(変圧器)などの電気機器の鉄心として不可欠な材料だ。