発表こそ華々しかったが、さまざまな問題で足止めを食らっている(つのだよしお/アフロ)

アジアのシリコンバレーとも呼ばれる中国・深圳。多くのスタートアップ企業が集まるこの地域で、みずほ銀行は「この10年、ぼろ負けしている」(中国系ファンド関係者)。三井住友銀行がみずほの顧客を次々に奪っているというのだ。

日本のメガバンクで深圳に早くから目をつけていたのは三菱UFJ銀行とみずほで、三井住友は最後発。それでも顧客を奪われているのは「みずほは対応が冷たい」(現地の経営者)からだという。

みずほの現地部隊は旧日本興業銀行勢が占めている。ところが、深圳に進出する企業は旧第一勧業銀行や旧富士銀行の顧客だった中小企業が中心だ。旧興銀勢は「俺たちが相手にする連中じゃないと見下している」(前出のファンド関係者)フシがある。顧客は国内と海外とでの対応の変化に嫌気が差し、鞍替えを進めたわけだ。

しかも、こうした構図は「ほかの地域でも同じ」(みずほOB)で、「海外においてみずほは負けが込んでいる」(同)という。