大林組の蓮輪賢治社長が2021年4月、同社として初めて日建連の要職に就いた(撮影:梅谷秀司)

「大林組の狙いは何か」

ゼネコン業界関係者の間で、ある人事をめぐるざわめきがおさまらない。

話題の主は、大林組社長で、この4月に建設分野を代表する業界団体である「日本建設業連合会」(日建連)の建築本部長に同社社長として初めて就いた蓮輪賢治氏だ。

直近9月の定例記者会見で蓮輪氏は、ワクチンパスポートが導入された場合の建設業界への影響について問われ、「ワクチンパスポートなどがあれば、帰国者が入国した際の2週間の待機期間を短くしてもらうような施策を、政府には実現してもらいたい」と、そつなく答えた。

「蓮輪本部長」の評判は上々だ。「スムーズに組織運営をしていただいている」(日建連の幹部)。だが、業界関係者の間では「大林組は営業につなげる狙いか」(準大手ゼネコンの中堅社員)、「業界再編を見据えているのか」(別の大手ゼネコン幹部)など、さまざまな憶測が飛びかう。