(アフロ)

先日、福岡県福岡市にある30階建ての「タワーマンション」(タワマン)が解体される、という報道が業界を駆け巡った。タワマンの解体はおそらく日本では初めてだ。いったいどのくらいの費用がかかるのだろうか。

タワマンとは通常、高さ60メートル超で、20階建て以上の超高層マンションを指す。

よくある19階建て以下で横長の「板状マンション」が老朽化し、解体されたうえで建て替えられるケースは多くない。国土交通省によると2020年末で国内にある旧耐震基準(1981年以前)の老朽マンションは約103万戸。これら旧耐震の物件のうち、毎年何件か壊され、建て替えられる。それ以外の大多数のマンションはただ老朽化していくだけだ。

21年4月において全国で建て替えの工事が完了した分譲マンションは263棟だった。旧耐震のマンション棟数は10年前の資料で約3.8万棟。これを母数に換算しても1%未満にすぎない。