重機でできればいいが、手作業が多いと、費用は大きく膨らむ(マリンプレスジャパン/アフロ)

親の実家を相続した人には、家の解体について、何かと気にしている人も多い。

古い家は取り壊して、更地にしたほうが、一般的にはその後売りやすくなる。ここでは、家を解体するときの費用や期間、その他の注意点を解説しておきたい。

解体費用にもある程度、“相場のようなもの”は存在する。なぜあえてそういった表現をするかというと、解体工事は新築工事よりも、価格が相場から外れてしまうケースが多いからだ。

新築工事は基本的に材料費の積み上げであるため、現場で金額が大きく違うようなことはなく、明確な相場が形成されやすい。

それに対して、解体工事は基本的に作業費の積み上げだから、現場の作業のしやすさによって、金額が大きく異なりやすい。現実に見積もりを取ってみると、金額が相場からかなり懸け離れてしまうことがよくある。

では解体工事の費用はどれくらいかかるのか。

道路や重機もコスト要因