ケイアイスターの分譲住宅も土地の仕入れがあってこそ(記者撮影)

「飛び込み営業は1日20〜30件。会社のデータにない新規情報を1日2件取ってくるのが目標です」

新興住宅ビルダー、オープンハウスの開発事業部・埼玉エリア統括の山中悠平さん(29)は、胸を張る。開発事業部は土地の仕入れ部隊だ。首都圏で年2300区画ほど仕入れ、約200人が支える。

コロナ禍によるテレワーク需要を受け、賃貸住宅より面積の大きい戸建て分譲住宅の需要は強い。同社は都心部の分譲住宅販売で急成長中。住宅各社の在庫はつねに不足し競合他社も仕入れを加速する。成長を続けるため“仕入れ戦争”には負けられない。

毎日が激務だ。9時に営業所での朝礼を終えて、担当エリアの仲介会社をくまなく回る。18時ごろに帰社後は、謄本や測量図など周辺情報を整理。外出先で物件計画書をまとめるのも珍しくない。

計画書はその日のうちにエリア責任者にプレゼンし、早ければその場で買い取りのOKが出るほど。「仕入れ棟数や利益に応じ、ボーナスも変わります。足を使って100件の情報を集めれば、4〜5件は取引が決まる」(同)。